読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつからの復職

30代 うつ病で休職中のエンジニアです。病気のことを中心に日々感じることを綴ります

第13話 うつ休職後 初めて職場建屋に入りました


昨日から病院が休みのため、リワークプログラムも休みです。

------------------

先週、無事会社のロビーに入ることができ、庶務さんとも会ってきました。
とにかく、できたことに
ほっとしました。


復職に向けて、また一歩前進できたと思います。


庶務さんと、30分くらい話しましたが、

職場の皆さんの様子を色々聞けて、

自分が職場で働くイメージが、少しわいてきたのもよかったです。



ただ実は、

前日の夜に体調が悪化し、庶務さんに面会の断りメールをする寸前の状況でした。

ひどい頭痛、微熱、だるさが現れ、
風邪の症状というより、

これまで経験したうつの身体症状と同じ感覚でした。

今となっては、風邪のぶり返しだったのかなと思っていますが、

その時は、

「またうつの身体症状が再燃し、またもや会社に行けないのか?」、

そして庶務さんに断りの連絡をしないといけないことに、

絶望的な気持ちになり、
涙も流してしまいました。

自分でも涙まで流すとは意外でした。

結局、
口唇ヘルペスもひどかったので、妻の勧めで内科の夜間診療にかかり、抗ウイルス薬をもらって飲んだところ、次の日の朝には、症状が和らぎ、無事会社に行くことができました。

落ち込んでいた自分を励まし、根気強く病院に行くことを勧めてくれた妻に、心から感謝しました。

とにかく会社に行けてよかったです。

風邪の症状だったのか、うつの症状
だったのかは不明です。

ついつい、復職に向けて、うつの症状が完全に無くなることを目指してしまいますが、
症状が時々現れるのは、今後も避けられないし、しょうがないことと受け入れるべきだと、感じています。

いい気づきになった経験でした。


ご一読ありがとうございました。