うつとともに歩む

うつ病で休職中。うつとともに生きる、これからの人生を模索中です。

第44話 復職時の配置転換要望 その後#5

こんにちわ


今日は、会社にいき、産業医と面談をしてきました。

つかれました(^_^;)


内容は、復職時の配置転換の要望を伝えること。


結果としては、

「配置転換は許可できない」


との回答でした。



理由としては、

①過去、同じようなメンタル疾患のケースで、配置転換をしたところ、ほぼ100%再発していたこと

②会社として、再発するかもしれないとなると、そのリスクはとれないこと

③配置転換の必要性が理解できないこと



復職時に従前の業務ができないとしても、会社は過重な負担とならない範囲において、配置転換などの配慮をするべきであるというのが、最近の裁判の傾向であることも問いましたが、他の会社は他の会社といった感じでした。

また、主治医から「配置転換が望ましい」との意見がでていることも伝えましたが、それでは配置転換の必要性の説明が不十分であり、医学的に、病態としてその必然性を説明すべしとのとでした。


特にうつ病などの精神疾患では、そんな証明、できないですよね。まぁ要は配置転換は許可しないよってことです。


なかなか難しいですね。


確かに安全配慮義務を果たそうとすれば、配置転換した結果、再発したら困りますもんね。

でも、就労の意思を示しているのにも関わらず、長年働いてきたのにも関わらず、ちょっとした配置転換もしないなんて、到底納得はできません。
この会社の規模からしたら、たった一人の異動なんて、負担なんてほぼゼロですし。


でも一方で、もう十分訴えたと思います。
できることはやり切ったと思います。


まずはこの事実を受け止めて、次に進んでいくしかないかなと思います。結果、退職ということになったとしても。


うつ病に限らず、同じように病前のようには働けない方は多いと思います。そして、復職条件が元職場で、もとどおり仕事ができることを求められ、泣く泣く辞めている方は多いと思います。

なんかおかしいって思います。
なにか自分ができることはないか??

なにかしたいと思います。


ご一読ありがとうございました。