読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつからの復職

30代 うつ病で休職中のエンジニアです。病気のことを中心に日々感じることを綴ります

第41話 復職時の配置転換要望 その後#2

おはようございます。


昨日はひどい疲労で、呼吸も苦しく、夜もまともに寝られませんでした。

自分のつらい状況や配慮してほしいことを他者に伝えるのは、かなりエネルギーを消費します。まさに身をもって、あらためて感じました。



家にいると、家族に対して自分のつらさを理解してくれない苛立ちが出てきてしまうので、あてもなく車で外に出ています。
病気になったことがないのだから、理解できないのは当然です、それは分かっているつもりなんですが、それでも理解してほしい、共感してほしいと考えてしまうんですよね。
まぁこれこそ「認知のゆがみ」だと思います。




性格上、方針や見通しが立たないと前に動けないので、
今後の進め方を考えねばと思っています。


今考えられるのは、


1. もとの部署に戻る前提で、また日々リワークと通院、カウンセリングを続け、元部署へのトラウマ感情が薄れるのを期待する。休職期間が切れる1年間後が期限。

→ これまでこれを1年半、信じて続けてきた。でもだめだった。正直希望もてない。



2. 再度、どうしても元部署には戻れないと上司に伝え、配置転換を依頼する。

 →また断られる可能性大。
 自分のことを心配してくれている上司にまた無理を言うのが申し訳ないし、言うのもつらい。関係もぎくしゃくする。



3. 今勉強中の資格をとり、それを活かした会社に、病気クローズで転職する。
 →資格試験に受かるか分からない
  就職できる保証ない
  


4. 障害者手帳を利用し、精神障害者枠での転職をする。
 →就職できる保証ない
  ハローワークで探しているが、地元にはなかなか求人がないのが現実。




正直、これまで1年半も続いた元部署へのトラウマ感情が、今から消えるとは思えない。だから1.は難しい。

3.4.どちらかだけで進めるのはリスク大。


やっぱり、配置転換をしつこくお願いするしかないのかな。


【今時点での結論】

期限決めないと先延ばししそうなので、6月2日ターゲットで再度上司に配置転換を依頼する!


資格試験の勉強と、ハローワークでの障害者枠求人の情報収集は並行して進めておく




ご一読ありがとうございました。

第40話 復職時の配置転換要望 その後#1

こんにちは


強い疲労感と頭痛で横になっています。


先日、復職時の配置転換の要望を会社側窓口の方に伝えたのですが、

その後、部門長より直接話したいと連絡があり、面会してきました。


他の部署ではなく、あくまで今の部門で面倒をみたいから、今の部門の中での小さい異動という選択肢であらためて考えてほしいとのお話でした。
復職後の急激な環境変化は少ない方がいいし、目の届く範囲ならケアしてあげられる、そもそも受取り手もなかなかないし… といった感じでした。


復職時は極力環境変化は小さい方がよいこと、面倒をみると言ってくれるのはとてもありがたいこと、そしてすごく心配してくれていること、頭ではよく理解でき、それ以上何も言えませんでした。



でも、どうしても知っている人の中に戻るのはつらいんです……



これからどうしようか、また先が見えなくなってしまいました。

ちなみに障害者という観点は全く話題になりませんでした。



今はとりあえず休みます。



ご一読ありがとうございました。

第39話 復職時の配置転換について、要望書を提出してきました

こんにちは


昨日、会社にいき、元上司と面談してきました。
そして予定どおり、復職時の配置転換についての要望書を提出してきました。


元部署の何が嫌なの?

精神障害者って? どんな程度なの?

などなど質問を受け、

なんとか答えました。

答えながら、
こんな要望をするなんて甘えなのではないかという自責感に飲み込まれそうになり、
そして、障害者であると自分で説明しながら、
なんともいえないつらい気分になり、
情けないことに涙が流れそうになりました。

帰宅後は強い疲労がでて、3時間くらい動けずにいました。


どういう回答がくるかわかりません。
はっきり断られて落ち込むかもしれません。

でも、まずは一歩踏み出せたのはよかったと思います。


ご一読ありがとうございました。

第38話 「合理的配慮」への期待

皆さんこんばんわ
たまに疲れがでますが、
最近は体調が比較的安定していて、リワークと家事を淡々とこなせています。


明日、会社に対して復職時の配置転換と、時短勤務適用の要望をする予定です。精神障害者手帳所持者として、合理的配慮をお願いするという形で要望書を提出し、回答を求めようと思っています。


会社からはこれまで、元部署にフルタイム勤務が復職の条件であると通告されてきました。
でも、長期の治療を経てもなお、元部署へのトラウマ感情は消えず、また体調も波があるので、元部署のようなハードワークはとてもできない。しかしそれを伝えても会社からは同じように原則を言われるだけ。このままでは休職期限がきて、そのまま退職になってしまうという危機感がずっとありました。


そこで、今回、精神障害者手帳の交付を受けて、障害者への合理的配慮という観点で要望しようと決断しました。
なんか合理的配慮義務という法律を持ち出して、会社をおどすような気がして、ずっと言うべきか悩んでいたのですが、
言わなければ何も始まらないと思い、決断しました。


合理的配慮義務とは、2013年に改正された障害者雇用促進法に追加されたもので、事業主に対し、障害者である労働者への合理的配慮を義務づけたものです。配慮の内容は個々の障害特性に応じて、事業主と、障害者である労働者とで相談していくことになります。


会社がどういう対応をとるかわかりません。はっきり断られ、傷つくかもしれません。
でも少しでも前に進むべく、まずは明日会社窓口の人に要望書を提出してきます。

いい方向にいってくれるといいな。


ご一読ありがとうございました。

第37話 病気のある人への配慮は難しい?


おはようございます。

風邪はだいぶよくなってきました。
うつ病になってからというもの、治りが遅くなったなぁと感じます(^_^;)


先日、日経新聞の記事で、がん患者の職場復帰の難しさが書かれているのを読み、驚きと共感をおぼえました。


記事で気になった内容は次の部分です。


・がんの治療による度重なる休職をするうち、職場の冷たい目線を感じ、居づらくなった

・がん治療で疲れやすい状況でありながら、復職部署が体力的にきつい部署で、苦労した

・転職面接では、がん治療のための通院配慮の話をすると、「治療に専念しては?」と言われ、落ち続ける

・一方で配慮する企業も出てはきている。

がん治療後の復職時は、1カ月目が半日勤務、2カ月目が定時マイナス2時間勤務、3カ月目は、残業なしの定時勤務 と段階的な復帰をさせてもらい、復職がうまくいった

外回りから内勤といった配置転換の配慮をする企業も出てきた




この記事を読んで、正直に思ったのは、

最も死亡者数の多い「がん」ですら、こんなに配慮がない状況なんて、、 
ちょっと信じられない
配置転換やリハビリ勤務くらい配慮できないものか?


自分は、うつ病休職中で、
会社からは、復職条件として、いきなりフルタイム+ハードワークの元部署への復帰を提示されています。しかも元部署には休職のきっかけとなった上司がいます。
この記事は驚きとともに、すごく共感しました。


病気休職者の対応について、どうすれば改善していくのか、正直わかりません。

ただ、待っていても配慮してくれることはない、反論をうけて傷つくのを覚悟しつつ、まずは自分で主張していくしかないのかなと思います。


仲間がいれば心強いけど、特にうつ病のような病気だと、自分がそうですが、
どうしても内にこもりがちだと思うので、なかなか患者同士が繋がるのも難しい気もします。


自分は、体調の安定を図りながら、
障害者就労支援センターに相談し、できればサポートを得ながら、せめてリハビリ出勤だけでも適用できないか、会社と交渉しようかなと悩んでいます。

なにか進展あればまた報告します。


皆さんはいかが考えますか?

長文、ご一読ありがとうございました。

第36話 どうしても知人をさけてしまう

お早うございます。

だいぶ風邪はよくなってきました。



うつ病で休職してから、
元気だった頃からの知人と会うのが嫌で、どうしても避けてしまいます。
外を歩いていても、常に知人がいないかキョロキョロしています。


先日はどうしても会わなければいけない人達がいたのですが、結局逃げてしまい、周りに沢山迷惑をかけ、近しい人からわがままだと怒られてしまいました。



「知人を避ける」のはなぜか?

職場のストレスでダウン

うつ病になり休職、1年経過

情けなくて、恥ずかしい

知人にあいたくない

会わないように避ける


避けてしまうのは、わがままの部分もあると思うが、病気のせいも大きい。
この気持ちを周りに理解をしてもらいたいが、100%理解してもらうのは難しい。せめて自分は自分のことをを責めすぎないようにしよう。
今はとにかく病者の役割をちゃんと果たして、回復に努めよう。これが自分のやるべきこと。


こんな感じでなんとか耐えていこうと思っています。


ご一読ありがとうございました。

第35話 2週連続の発熱

皆さん、こんにちわ。
題名のとおり、風邪をひき寝床からブログ書いています。



今月は中旬頃までは、
抗うつ薬の変更のおかげか、体調いい日が続いてたのですが、
ちょっと無理をした結果、いまはダウンしています。

無理をしたというのは、


遠方の実家に泊まりで帰ったことと、


精神障害者枠*での転職について、はじめてハローワークに相談に行ったことです。


普通ならたいしたことではないと思いますが、
それぞれ直後に発熱でダウンしてしまいました。
2週連続です。


ストレスに対して、自分が思っている以上に弱くなっているのだなぁと痛感してます。


これまでなら、情けないなぁと考えて、負の思考ループに陥るところですが、

今は、この現実も事実として受け入れ、回復に努めるしかないなと思えてます。


この点は進歩かな。



*最近、うつ病休職が1年経過したのを踏まえ、精神障害者手帳を申請しまして、3級認定がされました。
またこのことはブログに書きたいと思っています。


ご一読ありがとうございました。