うつとともに歩む

うつ病で休職中。うつとともに生きる、これからの人生を模索中です。

第46話 病気を理解してほしいと願うほど傷つく

 

皆さん、こんにちわ

 

今年もあと少しですが、この一年間は皆さんにとってどんな年でしたか?

 

私は、うつ病と不安障害、そして元職場へのトラウマが消えず、残念ながら退職が決まった大転換の年になりました。

 

 

さて、

皆さんは、心から自分の病気の症状や悩み、気持ちを理解してくれる人はいますか?

 

私は病気(うつ病と不安障害)が長引くにつれ、だんだんとそういった味方がいなくなってきました。

 

自分のつらさを分かってほしいと願うたびに、それに応えてくれない周囲へ失望し、苛立ち、それによってますます人が離れていってしまいました。

 

その結果、今思うことは、

自分のことを心から分かってあげられるのは、自分だけだということです。

 

だからこそ、自分の気持ちを無視せず、ちゃんと認めてあげなければ。

 

働けなくても、卑屈になっても、ごろごろしてても、子供と遊んであげられなくても、

いいじゃないか、

病気を抱えながらも、ちゃんと生きて、少しずつ前に進もうとしてるじゃないか!

周りの期待に応えてなくたって、別にいいじゃないか!

 

ただの開き直りですかね?

 

ご一読ありがとうございました。