読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつからの復職

30代 うつ病で休職中のエンジニアです。病気のことを中心に日々感じることを綴ります

第11話 「頑張れ」に感謝

ここ2~3週間、体調、気分ともに、いい状態をキープできています。

先日、昔の上司、同僚と会ってきました。

当時、いい人間関係の中、いい仕事ができたときの仲間です。元上司の方は人間的にも尊敬してた方です。

「バリバリ仕事をしてる自分」ではなく、「うつ病+長期休職してる自分」として会うのは、やはりだいぶ緊張しましたが、
思ったより大丈夫でした。

とにかく普通に会って、話せたのが、なによりよかったです。

この経験は、
自分の回復度合いを実感できただけでなく、
復職時の恐怖を和らげる助けになりそうです。

復職初日をイメージすると、
周囲の目線に対して恐怖がわいてくるのですが、一部でも安心できる目線があることは、とても心強いです。

これからも少しずつ信頼できる人と、復職前に会いたいと思います。

さらに、元上司から、

「復職を焦ることはないけど、チャンス(機会)は逃さないで!」


と、背中を押す言葉をかけてもらいました。
妻も最近同じような言葉をかけてくれます。

「頑張れ」などの励ましや、復帰を促す言葉は、これまで正直苦痛でした。とくに病気の急性期や回復初期は、これ以上頑張るのは無理だ、そして頑張れない自分が情けない気持ちになりました。ストレッサーだった人(今の上司)から言われると、怒りさえ覚えます。(それは今も変わらないです…)

今は、信頼できる人からもらう背中を押す言葉は、ありがたく、励みになります。


もちろん焦るつもりはないですが、
復職に向けて、

「ちょっとづつ、頑張りたい」です。


ご一読ありがとうございました。